すぐる歯科|

診療目的

POLICY

診療目的

5つの診療方針

1. 痛みと不快感の除去

お口の中という、とてもデリケートな部分にさまざまな処置を施す治療だけに、そうしたマイナスの印象を強く持たれてしまうお気持ちもよくわかります。
ただ、診療の中でさまざまな工夫を凝らしたり、細かい部分まで配慮したりすることで、痛みや不快感を最小限に抑えることは可能です。

2. 口腔衛生の確立と維持

衛生とはむし歯・歯周病・歯石などの好ましくない組織反応を起こす要素が存在しない状態です。
口腔内の健康を維持することにより、生涯にわたって歯を失うことなく自分の歯で食事を楽しみ、健康で生きがいのある時間を過ごしていただきたいと思います。

3. 組織抵抗の維持または増強

むし歯や歯周病などにかかりにくい、強く健康な歯や歯ぐきに改善していきます。
より多くの患者様に、年齢を重ねても自歯の残っている喜び、自分の歯で食事を楽しむ喜びを実感して頂けることを願っています。

4. 好ましい咬合関係の確立と維持

歯ぐきに対し、結果として全て垂直方向に力が加わるよう歯の噛み合わせを整えます。
歯は条件によって位置をかえるので、咬合(かみ合わせ)も変化します。咬合(かみ合わせ)は単に咀嚼だけに影響を及ぼすだけではない健康にとって大変重要な要素です。

5. 口腔の外観の改善または維持

日常人に見られる歯や口元が、美しく自然な印象になるように治療します。
唇とのバランス、笑ったときの歯の見え方、快適な咬み心地などを考え、美しく上品な口元から顔立ちまでを考えた治療をご提供しています。

上記の治療目的は(人間の自然の行動と、歯科医療に対する世界資源の適応性についての知識をともなった)、 歯科医療のすべての治療計画と患者様の理解をえるための重要なものと考えます。