すぐる歯科|

診療案内

GUIDANCE

診療案内

すぐる歯科の診療方針

行き当りばったり(痛くなった所だけの処置)だと、その時限りです。
10年、20年いずれは生涯にかけて大切な歯、歯だけではなくお口を維持していくには、
計画的な診療をすすめていく事が必要です。それが最善の治療に繋がります。

むし歯の処置

むし歯の治療などで削った所にCRを充填する。型取りした詰め物を装着する。

根の治療

根の治療とは神経(歯髄)の部分の治療で、特に根の中の神経が通っている管(根管)をきれいにする治療です。

マイクロエンド

マイクロエンド治療(精密根管治療)はより確実に大切な歯をできる限り残すための歯の根の治療です。

クラウン(被せ物、差し歯)

むし歯の治療などで削った歯に被せる人工歯。むし歯の範囲が広く、強度の問題などで詰め物ができない場合などにクラウンによる治療を行います。金属製や歯の色に近いセラミックス製などがあります。

ブリッジ

ブリッジは、主に失った歯の本数が少ない場合に用いられる治療方法です。
喪失歯の両隣に残っている歯を削って土台を作り、そこにブリッジの名前の通り、橋を架けるように人工歯を被せます。
違和感も少なく自分の歯のように噛むことができます。

入れ歯

総入れ歯や部分入れ歯などがあり、より良いフィット性や安定感、見栄えなどを求める場合、保険適用外の方法や素材もございます。「痛くない、よく噛める」を叶える入れ歯をご提案します。

移植

歯が抜けた場所に自分のほかの歯を抜いて植え替える方法です。親知らずの歯が残っていると利用しやすいことが多く、ケースによっては保険適用も可能です。

ホワイトニング

歯磨きやクリーニングでは落としきれない歯の着色を削ることなく色素分解し、歯の明度を上げて歯を白くする方法です。
「ホームホワイトニング」を行っています。

インプラント

歯を失ったり、先天的に歯が足りない皆さまを対象に、あごの骨に埋め込む人工歯根です。綿密な治療計画と適切なメンテナンスを行うことで、長期にわたって機能を維持できます。